シミ対策には保湿ケアも重要

 

乾燥肌

 

どんなに効果のあるシミ取りクリームを使っていても、肌が乾燥していてはシミは一向に薄くなってくれません。

 

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因となりますから、新たなシミを作り出してしまったり紫外線の影響を受けやすくなります。

 

肌にはバリア機能が元々ありますから、しっかりとバリア機能が働いていれば潤った肌でいられて、紫外線によるシミもできにくいです。

 

バリア機能が低下してしまうと肌が乾燥してシミが増えてしまうだけでなく、美白成分の効き目も悪くなってしまいます。

 

また、ターンオーバーが乱れてしまいますから、メラニンが肌から排出されずに残ったままになり、シミへの改善効果にも期待できません。

 

美白の前に保湿ありきで、美白成分が効きやすくなる肌の土台作りとして、保湿ケアを徹底しましょう。

 

保湿成分にも色々なものがありますが、一番保水力と肌の保護力が高いのがセラミドです。

 

セラミド配合の化粧品で保湿をしっかり行った上で、シミ取りクリームを使うのが大切です。

 

ふっくらと潤っている肌なら美白成分もメラニンにしっかりと届いてくれて、シミを抑制する力も高まります。

 

ターンオーバーの乱れも正常化されて、メラニンも老廃物としてしっかり排出されますから、シミを肌から追い出しやすくなります。

 

 

シミ取りクリーム